コチラのサイトをご覧になったあなたが淋病に対して恐怖感を抱き、感染対策の意識が芽生えてくれたらなと考えております。

淋病は男性にかかりやすい病気で激痛を伴うので早期治療が必要

世の中にはたくさんの性病がありますが、その中でも特に知名度が高い物の一つに数える事が出来る物と言えば淋病ですね。実際、かかったことがないと言う人であっても名前くらいは知っている、という人が多いのではないでしょうか。今回は、そんな淋病についてを解説していきます。

淋病とはどんな病気か

淋病とはどんな病気か

淋病は、性病の中でも特に男性に感染する事が多い性病の一つですね。主な感染経路は、性風俗店などを利用した際のオーラルセックスでの感染と言われています。およそ、1回のセックスで感染率は30%とも言われており非常に感染比率は高いですね。

更に、淋病に感染した人はクラミジア菌に同時感染している人が30%くらいだと言われており、同時感染のケースは非常に多いです。自覚症状はかなり強く、治療せずに放置していると性器から膿が出てきて排尿時、平常時などでも激痛を伴うと言うかなり生活の中に障害をもたらすような物とされています。

女性でも、淋病にかかることがあるのですが、男性とは違い無痛で症状が現れないことも多く殆どの場合が自覚する事がない、という事があります。不妊症や子宮外妊娠の原因になったりすることもありますので要注意です。淋病は、淋菌が感染することによって引き起こされる性感染症なのですが、基本的に性行為におけるすべての行為で感染するということが多い非常に感染力の強い性感染症なんです。

淋菌は、感染者との粘膜同士、精液や膣分泌液などの体液を介して接触感染を起こすものなんですね。特に、ケースとして多いのが性風俗店でのオーラルセックスのサービスでフェラチオをした際に咽頭から性器へと感染すると言うタイプの感染経路ですね。

淋病における症状

淋病における症状

淋病は、男性への感染が特に多いのですがその症状はいわゆる性感染症によくあるタイプの物ですね。主に、性器の外部と内部両方に症状が出る物で、尿道炎、精巣上体炎、といった症状が出るんですね。尿道から膿がであり、排尿する際に激痛がしたり尿道に常時痒みや不快感などが現れますね。

さらに、精巣上体が腫れ上がったりひどい時は発熱などを伴うこともありますね。特に、性器から膿が出る量が非常に多く白っぽい色で粘り気のある膿がかなりたくさん出る、という自覚症状がありますね。治療せずに放置していると、前立腺の炎症や血性液症になってしまうこともありますので、自覚症状が現れたら早期の治療をする事が好ましいですね。

更に、淋病の自覚症状と言うのは全体的に感染部位に対して激しい痛みを伴う事が多く、更に放置している期間が長いと治療をすることができてもその後後遺症のような形で無精子症になってしまうと言ったケースもあるんですね。とは言え、あくまで無精子症や精巣上体炎のような症状まで進行してしまうという事は殆どなく、放置してしまって治療を怠った場合の最悪のケースですので、自覚症状が出始めてすぐに診断を受け治療をすればこういった後遺症のような症状まで出る事はありませんね。

男性にとっての淋病

淋病は、性病であるのですがセックスを我慢すればいいとかそういうものではないんですね。基本的に、性器周りの感染部位に激しい痛みを感じる物でひどい時は日常生活を正常に送る事ができないような状態になってしまうことも多いにありえるのです。

だからこそ、淋病は発覚したらまずは専門医に診断を受けてから正しい治療をする、ということが結果的に自分のためなんです。

また、ジスロマックの小児用について知りたいという人は『アイドラッグマート』内の情報をご確認ください。

引例→ジスロマック 福岡市 http://www.idrugmart.asia/drug/zithromax.html

『淋病って怖い・・・性病ってマジで怖い・・・性病ってガチで怖い・・・』のサイトマップ