コチラのサイトをご覧になったあなたが淋病に対して恐怖感を抱き、感染対策の意識が芽生えてくれたらなと考えております。

性病検査の種類とかかる費用はどのくらいか?気になっても人に聞きにくい性病検査の種類と費用の相場を紹介!

2017.02.02

性病検査の種類とかかる費用はどのくらいか?気になっても人に聞きにくい性病検査の種類と費用の相場を紹介! はコメントを受け付けていません。

・性病検査の種類
最も一般的なモノが血液検査で、血液を少量採取し血液中の成分を悪人することでHIV、クラミジア、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎、C型肝炎といった性病に感染しているかどうかを確認することが出来ます。他にも男性向けの検査として尿検査がり、通常の尿検査と同じように尿の採取をして検査することでクラミジア、淋病などの感染を確認できます。

女性向けの検査としておりものの検査があり、膣内を綿棒の様なモノで内側の粘膜部分を擦り膣分泌物を採取して検査を行います。おりもの検査ではクラミジア、淋病、膣炎、ガンジダ、トリコモナスなどの感染を確認します。また性病というと性器周辺といったイメージがあるかもしれませんが、喉に感染するケースもありそれを調べる為にノドの粘膜を採取して喉粘膜の検査をします。

喉粘膜検査ではカルポーターという綿棒みたいな道具でノドを軽く擦り粘膜を採取しクラミジア、淋病の感染の有無を調べます。

・病院で検査する場合の相場
性病検査にかかる費用は0円から2万円程が相場と言えます。性病の検査の費用というのはどので検査をするかで同じ検査でもかなり違いが出てきます。最も安価なのが保健所で無料で性病検査を行なってくれます。病院に行って検査をする場合は診察代、検査費用、初診料が必要となります。

診察代、検査費用は保険が適用されるかでかなり金額が異なります。大体1項目の検査の費用が2000円から4000円くらいで自己負担なら全額、保険適用ならその3割の金額となります。検査項目が増えると2万円から3万円程の費用がかかる場合もあり、さらに診察代が追加されます。

それと初診料の相場が2700円程で初診料は保険による割引はありません。

・性病検査キットの場合
性病は誰にも知られず検査したいという人が多いと言えます。自宅で手軽に出来る性病検査キットを使用し自分で検査をする場合は検査キットの費用だけで済み病院の検査よりも費用を抑えることが出来ます。金額は検査項目、判別可能な病気の種類により違って、1項目だけの検査の場合は3000円程となります。

最大の10項目以上の検査の場合は2万円程です。

コメントは利用できません。